エモエモ探検隊

慶應卒のニートが主に食品のレビューをしています

【かけるだけで料理が3D】トルーチのスプレー型フレーバーオイル「イタリアンウェイ白トリュフ」が面白い

f:id:canteenofvodka:20210306160908j:plain

まいど、慶應ニートでやらさせてもらってます、けむにまくおです。 

 

珍しい食品(珍味)なんかを這いずり回りながら探し求めてるワイであります。

もう主に食べることしかないので丸々と太ってきてますぅ!!泣

最近本格的に思いますよ、ワイ豚かと!

 

そんなワイもやっとこさトリュフにありつくことができましたよ!

今回はトルーチ(TRUCI)イタリアンウェイ白トリュフというものを試してみました!!

こちらイタリア製の白トリュフスプレー。

f:id:canteenofvodka:20210306162612j:plain

中には白トリュフで香り付けされたひまわり油が入ってるもよう。

油と香料以外は特に入っていませんね。

これを料理にかけて風味をプラスしちゃお!っていうことみたいなんです。

f:id:canteenofvodka:20210306162325j:plain
▲中身はこんな感じ。最初っからこんな空洞があるならもっと小さい容器にすればいいのに。

 

 

早速まずはそのままで舐めてみました。

f:id:canteenofvodka:20210306163200j:plain▲ちなみにスプレーは霧のようには広がらずピンポイントで射出されます

すると口に入れた瞬間に、あの独特な香りがブワッと突き抜けていくんです!!

口から鼻への直通ラインが開通するような感じ。これは強烈!

そして口の中で少なくとも5分くらいはずっと香ってます。

こんなん豚の鼻につけたらバグるで。

料理に使ってもしっかり存在感ありそうですわ。

 

 

ということで、今回はカルボナーラ*1に吹きかけてみました!

f:id:canteenofvodka:20210306164426j:plain

数回スプレーをかけてみると、パスタの熱もあってかすでに辺りにトリュフが漂う。

そして食べてみますとね、

f:id:canteenofvodka:20210306165333j:plain

しっかりトリュフがおるんです!

濃厚なカルボナーラにも負けないくらいの豊かな香り。

というよりもトリュフは鼻の奥の方で香るので、もはやカルボの味とは別次元にいるんですよ!!

xy座標で勝負していた料理に、突然z軸をブッ込む感じ。

料理が3Dの広がりもっちゃうのよ!

トリュフが料理を引き立てるってのはこういうことだったんですね。

これは面白い。

 

 

ちなみに以前ドバイ製のトリュフポテトチップスというものを食べたことがあったので、チップスターにもかけてみました。

f:id:canteenofvodka:20210306170920j:plain

しかしカルボナーラのようには香りが感じられないんです。

やっぱり熱のある料理の方がより香りが広がるのかもしれませんね。

f:id:canteenofvodka:20210306171938j:plain

パスタ料理の他にはオムレツやきのこのリゾットに使うのがオススメみたいよ!

 

 

そんなに高くないのに、かけるだけで料理に新たな世界が開ける感じがしますぞ!

とにかくこれ面白いので試してみてはいかがでしょう?

 

トルーチ(TRUCI)には他にも色んなフレーバーオイルがあります。

レモンのオイルに、

バジルのオイル。

サフランのオイルってどんなんでしょうかね!?

これらもチェックしてみては?

 

ちなみにこの世にはトリュフ塩というものもあるみたいでーす。

 

 

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ

ブログランキングに登録しています。よかったら押してくださーい。