エモエモ探検隊

エモエモ探検隊

慶應卒のニートが主に食品のレビューをしています

【2021年まとめ】今年印象に残った食べ物10品挙げてみた

2021年ロゴ

まいど、慶應ニートでやらさせてもらってます、けむにまくおです。 

 

2021年最後の投稿になります。

今回は1年の総まとめとして今年取り上げた食べ物の中で印象的だったものをピックアップしてみようと思います!

 

2021年、このブログではおいしいものから珍品まで240品のいろんな食べ物をレビューしてきました。その中でも印象的だった10品を「料理・おかず系」、「おつまみ系」、「おやつ系」に分けて挙げてみます。

気になったものがありましたら、ぜひ試してみてください!

 

料理・おかず系

カルディの冷凍「ブッラータ(burrata)」

「ブッラータ」のパッケージ

カルディの冷凍コーナーで出会ったイタリア産のチーズ。巾着状のモッツァレラの中に細かく裂いたモッツァレラと生クリームが入っているという珍しい形なんです。

「ブッラータ」をサラダに盛ったところ
「ブッラータ」を破いたところ

ナイフを入れると、生クリームがトロ〜とあふれる。クリーミーな味わいはもちろん、食べるのが楽しいチーズ。

▲カルディで売ってるものではないけど、ブッラータ自体はAmazonとかでも売ってます。

 

 

日東ベスト「ハンバーグヴィアンド」

「ハンバーグヴィアンド」のパッケージ

重さ180gもある業務用の冷凍ハンバーグ、もとい冷凍「肉汁爆弾」。他の市販の冷凍ハンバーグもいくつか試してみたけど、これ以上のものには出会えないっすね。

「ハンバーグヴィアンド」の中身

そしてこれ楽天市場だと1個当たり266円とかで売ってるんです! このハンバーグ、コスパがバグってます。

 

 

PIZZAREVO(ピザレボ)「極☆マルゲリータ

「極マルゲリータ」のパッケージ

マツコの知らない世界』でも紹介されていた冷凍ピザ。冷凍なのにお店で食べているかのようなクオリティの高さだったんです。

「極☆マルゲリータ」のピース

内側はパリパリ外側はふわふわで、チーズのコクもすんごいの。1枚1,500円とか払って宅配のピザを頼むのがバカらしく思えちゃいました(宅配のもラクでオリジナリティあっておいしけどね!)。

楽天Yahoo!ショッピングだと、複数種類ある中からお好きな5枚を選んでセット注文できたりしますぞ。

 

 

しじみちゃん本舗「ほたてみそ汁」

「ほたてみそ汁」のパッケージ

真空パックされたまるごとホタテ入り、というのが気になって購入してみました。物珍しさもさることながら、これがかなりおいしかった。

「ほたてみそ汁」の肉厚ホタテ

肉厚なホタテの食感。噛んだ瞬間にしみ出るうまみ。ホタテ好きにはたまらないです。

▲詳しくはこちらでレビューしてます。

 

 

おつまみ系

竹乃屋「博多ぐるぐるとりかわ」

「博多ぐるぐるとりかわ」の正面

博多では、鶏皮を串にぐるぐる巻きにしてカリッカリに焼き上げるらしいのです。そんな博多の名物がフライパンかトースターで焼くだけで食べられる冷凍焼き鳥。

「博多ぐるぐるとりかわ」の出来上がり

表面カリカリ、中ぶりんっぶりんの鶏皮にはうまみが凝縮されています。今まで食べた中で間違いなく一番の鶏皮串。

 

 

博多すいとうと「ごまさば」

f:id:canteenofvodka:20210911023243j:plain

さばの刺身をごま醤油に漬け込んだ料理。長崎や福岡など日本海側ではさばを生で食べることがあるようです(さばに寄生するアニサキスの種類が太平洋側のものと異なるため可能らしい)。ちなみにこちらも博多の名物とのこと。

f:id:canteenofvodka:20210911011142j:plain

さばのうまみに深いごまのコクと九州の甘じょっぱい醤油が合わさってこれが絶妙! 最高のおつまみなんです。

高めなので「まくおのオススメ」カテゴリーには分類してませんでしたが、かなりおいしかったやつ。

 

 

やまやコミュニケーションズ「やまやドライ明太子」

「やまやドライ明太子」の外箱

見つけた瞬間に「なんだこれ!?」と思い購入したやまやの乾燥明太子(またもや博多の食べ物!)。まずそのミイラみたいな見た目のインパクトで忘れられない逸品です。

「やまやドライ明太子」の中身
カットした「やまやドライ明太子」

いつもの明太子より濃厚で、普段意識したことなかった「明太子のうまみ」がビンビンに感じられる。ひとかじりだけでごはん1杯いけそう。博多には酒に合う食べ物ばかりです。

 

 

おやつ系

ドゥリオ(DURIO)「ドリアンチップス ソルト」

「ドリアンチップス ソルト」

カルディの売り場にはまだまだとんでもないものが眠っていました。説明書きには「特有な香りが少なくなっています」とのこと。

おそるおそる食べてみると、においが全くしないだけではなく思いがけない美味なんです!

「ドリアンチップス ソルト」の中身

噛むたびにナッツのような味がして、とてもリッチな味わい。騙されたと思ってぜひ一度試してみて欲しいです。

▲カルディのものとは違いますが、ドリアンチップスはネットでも売ってます。

 

 

MR.BROWNIEのブラウニー

「ミスターブラウニー(MR.BROWNIE) ココナッツブラウニー」と「ミスターケーキ (MR.CAKE)シナモンケーキ」

可愛らしいデザインが目について購入したスペイン産のミニブラウニー(個包装8個入り)。何気ない商品だと思ってたけど、袋菓子のレベルを超えていました。

「ミスターブラウニー(MR.BROWNIE) ココナッツブラウニー」の中身

特に電子レンジで加熱すると、まるで焼き立てケーキのようなクオリティ! ワイの中で今年一番のお菓子ですね。オススメ。

現時点では同じシリーズの「チョコレートブラウニー」がネットでも取り扱いあるもよう。これもきっとうまいはず。

 

 

 

ココクイーン「ココナッツウォーター」

「ココクイーン ココナッツウォーター」のパッケージ

ネタ的に最も印象的だったのは、カルディで見つけたココナッツウォーター。ココナッツの実に直接ストローを刺して飲むタイプなんです。

「ココクイーン ココナッツウォーター」にストローを刺したところ

あま〜いものを想像してたけど、実際はスポーツドリンクのような感じ。思ってたんと違うんですwww

「ココクイーン ココナッツウォーター」の胚乳

飲んだ後は実を割ってココナッツミルクの原料になる胚乳部分を採取したりして。

ステイホーム下でも異文化を体験できる面白い商品でした。

▲詳しくはこちらのレビュー記事をご覧ください。

▲同じようなココナッツの実はネットで売ってます。

 

 

2021年終わり!

以上、今年レビューしてきた中で印象に残ってる食べ物10選でした。

振り返ってみると、我ながらいろいろなもの試してきたもんだなぁと思うものです(バラバラですいません!)。

来年も心動かされるものを取り上げていこうかと思います!

 

ということで、2021年お付き合いいただきありがとうございました。

 

▲ちなみに、2020年の年末には買ってよかったものをまとめてたりします。

 

 

 

ニートからの業務連絡】

2022年はいろいろとやることができそうなので、記事投稿のペースを3日に1本ペースでやろうかと思っています。

とりあえずは、3の倍数の日の22:30頃に記事を投稿していくつもりです。

2022年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ

ブログランキングに参加中です。

コロナに感染してしまったのでしばらく投稿をお休みします

まいど、慶應ニートでやらさせてもらってます、けむにまくおです。 

 

タイトルの通りなんですが、先日2月10日にワイけむにまくおの新型コロナウイルスへの感染が発覚いたしました。

そのため、体調が回復するまでは記事の投稿をお休みさせていただきます。

あらかじめご了承ください。

 

幸いなことに症状は軽めで、2月10日に38℃台の発熱と頭がボーッとする感じがあったくらい、あとは喉の痛みと咳が少し出る程度で済んでます。

ただ、体調が万全になるまでは安静にしていようと思います。

詳しい経緯については回復してから記事にまとめるつもりです。

 

 

なお、今回発熱した際東京都民のワイは、まず東京都発熱相談センターというところに連絡しました。

その電話で近所の発熱外来を行っている病院を紹介してもらい、抗原検査を受けるという手順を取りました。わりと早い段階で薬をもらい服用することができたため、症状が重くならずに済んだのかもしれません。

また、ワイの場合はまだネットでどこに連絡すればいいか調べる余裕があったのですが、そんな余裕のない方もいるかもしれません。

コロナ感染の疑いがあるときお住まいの地域ではまずどこに連絡すべきかだけは事前にチェックしておいた方がいいかもしれないなと思いましたぞ。

▲「東京都発熱相談センター」のページへのリンク。

 

 

どの口が言うとんねんって感じですけど、みなさま、くれぐれもお体にお気をつけください。