エモエモ探検隊

エモエモ探検隊

慶應卒のニートが主に食品のレビューをしています

【トマトスープなのにクリーミー!?】にしきやの「国産野菜のトマトチャウダー」を食べてみたゾ

f:id:canteenofvodka:20200818154117j:plain

最近、夜中に外をうろつくくらいしかしてないのに、なんだか暑さでバテ気味ですわ!

まいど、慶應ニートでやらさせてもらってます、けむにまくおです。 

 

 

今回は「にしきや」のレトルトのトマトスープを食べてみました。

多くのレトルトカレーを作っているにしきやですが、レトルトのスープなんかも作ってるみたい。

 

いただいたのは、にしきや「国産野菜のトマトチャウダー」。

 

ワイは初めて知りました。

f:id:canteenofvodka:20200818174640j:plain

チャウダー」って名のつくスープって「クラム」だけとちゃうんだあ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手もとの電子辞書*1によるとチャウダーとは、 

 

貝・魚肉・鳥肉などを中心に、ベーコン・ジャガイモ・タマネギなどを煮込んだ濃厚なスープ

のことを言うんだそうです。

でもさ、これってトマトのスープだろ?

ミネストローネとちゃうんかあ!?

 

 

5分湯煎して、開けてみました。

f:id:canteenofvodka:20200818161829j:plain

めちゃくちゃ具材がモリモリですやん!

入っているのは、じゃがいも人参たまねぎセロリキャベツとのこと。

 

もはや具だくさんどころじゃない、ほぼほぼ具材のスープを食べてみますとね、 

f:id:canteenofvodka:20200818162726j:plain

なんだかクリーミーなんですよ!

 

ミネストローネとはちょっと違うな……

トマトの酸味を感じつつも、マルゲリータを食べた後みたいな濃いめの感じの口なんですよ……

 

 

 

f:id:canteenofvodka:20200818223845j:plain

これはしっかりチャウダーっすね!

 

どうやらこのスープには北海道産の生クリーム蔵王(ざおう)のシュレッドチーズが入ってるようです*2

f:id:canteenofvodka:20200818160843j:plain

なるほど! この器の底が見えない感じも乳成分の仕業なのねと!

いつもの爽やかなトマトスープとは一味違ったスープですぞ。

 

 

 

ちなみに、リゾット風にしてもおいしいらしいです。

野菜もたくさん入っとるし、さすれば、これだけで軽いランチね!

 

お買い求めは、にしきやの公式オンラインショップか、各種ECサイトにて。

▲2021年3月以降「にしきや」は「NISHIKIYA KITCHEN」というブランド名に変わってます。パッケージもリニューアルしてますのでご注意を。

 

他にも「NISHIKIYA KITCHEN」にはいろんなレトルトスープがありますぞ。

▲野菜ポタージュのシリーズ。

 

▲ワールドスープシリーズ。

 

▲和風スープシリーズ。

 

《商品情報》

トマトチャウダー(リニューアル後のもの)

  • 製造者:株式会社にしき食品
  • 内容量:180g
  • 賞味期限:製造日より12ヶ月
  • 栄養成分(1袋[180g]当たり):
    エネルギー 112kcalたんぱく質 2.0g、脂質 5.8g、炭水化物 12.9g、食塩相当量 1.6g

 

《参考》

 

 

当ブログで記事を書いた際、その旨ツイートするようにしています(努力目標)。

よろしければTwitterのフォローもお願いします。

*1:デジタル大辞泉』。

*2:にしきやHP「国産野菜のトマトチャウダー」の商品情報ページを参照。