エモエモ探検隊

エモエモ探検隊

慶應卒のニートが主に食品のレビューをしています

【大人のための甘口カレー!?】にしきやの「豚角煮カレー」はきび砂糖とかのコクがすごいのよぉ!

f:id:canteenofvodka:20201012173833j:plain

まいど、慶應ニートでやらさせてもらってます、けむにまくおです。 

 

今回は先日自由が丘にあるレトルト食品専門店「にしきや」で買ってきたカレーを食べてみました。

いただいたのはにしきや「豚角煮カレー」!!

こちらにしきやのHPによると2020年10月現在人気No.3のカレーみたい*1です。

 

開けてみると、

f:id:canteenofvodka:20201012175030j:plain

f:id:canteenofvodka:20201012175032j:plain

大きくて分厚い豚バラ肉がゴロっと入っているんですよ!!

ただ正直このくらいの豚肉が入ったカレーなんてね、いくらでもあると思いませんか??

 

 

でもね、このカレーの他と違うところはその個性的なルーだったんすよ!!

濃いめの色のルーを食べてみるとですね、

f:id:canteenofvodka:20201012205314j:plain

けっこう甘めなんですけれど、しっかりコクがあるんですわ!!!

というのもこのカレーには珍しくきび砂糖*2黒みつが入っているようなんです。

f:id:canteenofvodka:20201012181251j:plain
▲ちなみににしきやのレトルトカレーは「化学調味料・着色料・香料不使用」な。

なるほど。もう一口食べてみるとたしかに黒糖みたいな味がすんのよ!

けっこう甘めってこともそうだけど、それ以上に黒糖っぽいあの独特の深みがあるんですわ!!

それはまるでデミグラスソース食べたときみたいなコク!

 

f:id:canteenofvodka:20201012181931j:plain

きび砂糖とか黒みつにこんな使い方があるんですな!!

この深みのある甘口は初めて知る味なんですわ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、これホントに初めてだったろうか……

 

 

 

 

 

 

 

 

沖縄の都心部から離れたホテルとかに泊まりますとね、サトウキビの1日収穫ツアーなんていうオプションのツアーがあったりするじゃないですか??

そんなの見つけてしまったらワイは参加しないわけにはいかない!

ちょっと高めだったけど5,500円を支払ってワイはそのツアーに参加するんですよ。

 

f:id:canteenofvodka:20201012202358j:plain

迎えたツアー当日の朝。

さとうきび畑に着くとワイの他に参加者は大学生グループのリア充5人組(男2人、女3人)。

リア充ちょっとヤダなぁとか思ってたけど、いざ体験が始まるとそんなことはすっかり忘れちゃうのよ!

f:id:canteenofvodka:20201012204945j:plain

現地のおばぁたちにレクチャーを受けながらサトウキビを刈っていくんです。

慣れないながらもクワでキビを切っていく感じは新鮮でとても楽しいんすよ!!

それにキビを根本からうまく刈り取れなかったときなんかでも、おばぁの口から出るリアル「なんくるないさぁ」で失敗してもいいんやなと思えてくる!

これ都会では絶対味わえない体験やなと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:canteenofvodka:20201012202644j:plain

でもよォ、これ炎天下で3時間もやらされてみ!?

さすがに飽きて疲れてくるぞ??

ワイらはわざわざお金を払ってキビを刈り取る労働力として駆り出されているんとちゃうか?

こういう腹黒い人たちから作られてるから茶色なのに「黒糖」っていうんですかね!

そんな悪態が頭に浮かんできてしまうのです。

 

しかも横のリア充たちを見ると黙々と一人で作業していたワイよりずっと収穫できているんですわ!!!

そうなんですよ。得てしてリア充たちは要領がいい。

5人でうまく役割分担をしてワイの5人分よりはるかに効率よく収穫できていたんです。

f:id:canteenofvodka:20201012202803j:plain

疲労と謎の敗北感。

ワイにとっては散々な収穫体験だったんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:canteenofvodka:20201012204443j:plain

その夜は収穫したサトウキビを使った料理をおばぁたちが振る舞ってくれることになっていたんです。

早くホテルで休みたい気持ちもあったんですけど、そこまでがツアー内容だったので渋々いただくことにしました(でないと送迎の車が来ませんからねぇ!)。

サトウキビの味とか正直そこまで好きってわけじゃないし、そこまで期待してなかったんです……

 

 

 

でも、そんときのラフテーがうますぎワロタwww案件でしてね!!

f:id:canteenofvodka:20201012192520j:plain

この料理も収穫したサトウキビで甘みをつけてるんだと。

まろやかな甘みもすばらしいんですけど少し苦みもあるような深い味がしたんですよ!!

それはまるでこの悲喜こもごも詰まった収穫体験自体を象徴するかのような逸品やんけ!

楽しくサトウキビをちょろっと刈るだけの体験ツアーじゃ分かりようもない境地の味ですやんけ!

この日の疲労感もあいまってか、この深い味がワイの心身に沁みわたっていくわけなんです。

 

f:id:canteenofvodka:20201012203135j:plain

ああこのツアーに参加してよかったなあ。

この夜のこの逸品によってワイはそう思えたわけだったんです……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:canteenofvodka:20201012200744j:plain

ってな具合に妄想がはかどる味わい深いカレーだったんですよ!?

 

f:id:canteenofvodka:20201012194917j:plain

ちなみに入っている豚の角煮はラフテーのようにトロッとまではしていないが、かなり柔らかめのお肉でしたぞ。

繊維がほろっと崩れていく感じです。レベル高めや。

 

 

子供でも食べられる甘口のカレーなんですけど、子供がこのうまみを理解できるんやろか。

むしろいろんなことを経験して深みのわかる大人にこそ食べてほしい甘口カレーでした。

おいしかったです。

▲2021年3月以降「にしきや」は「NISHIKIYA KITCHEN」というブランド名に変わってます。パッケージと商品名がリニューアルしてますのでご注意を。

 

▲自由が丘にある「NISHIKIYA KITCHEN」の店舗に行ったときのレポート記事です。

 

《商品情報》

豚の角煮カレー(リニューアル後のもの)

  • 製造者:株式会社にしき食品
  • 内容量:180g
  • 賞味期限:製造日より18ヶ月
  • 栄養成分(1袋[180g]当たり):
    エネルギー 288kcalたんぱく質 15.3g、脂質 17.3g、炭水化物 17.8g、食塩相当量 2.5g

 

《参考》

 

 

当ブログで記事を書いた際、その旨ツイートするようにしています(努力目標)。

よろしければTwitterフォローもお願いします。

*1:にしきやHP「人気商品ランキング(2020/10/1更新)」を参照。

*2:きび砂糖とは精製途中の砂糖駅をそのまま煮詰めて作る砂糖らしいです。上白糖やグラニュー糖とは精製方法が違うようです。また、サトウキビの絞り汁をそのまま煮詰めると黒糖になるようです。(cookpadきび砂糖とは」を参照。)