エモエモ探検隊

慶應卒のニートが主に食品のレビューをしていまーす

【端正なココナッツカレー】無印のレトルトマレーシアカレー「カリアヤム」を食べてみた

f:id:canteenofvodka:20200810171934j:plain

まいど、慶應ニートでやらさせてもらってます、けむにまくおです。 

 

今回は、無印のハラル対応したマレーシア製レトルトカレーを食べてみました!

f:id:canteenofvodka:20200810172029j:plain

いただいたのは、無印良品の「素材を生かしたカレー カリアヤム」!!

カリ(=カレー)アヤム(=チキン)」というマレーシアの代表的なチキンカレー*1なんだそうです。

f:id:canteenofvodka:20200810172657j:plain

ココナッツクリームトマトの酸味を合わせたカレーとのこと!

イカレーなんかにはココナッツ入ったやつ多いけど、トマトと合わせたのは見たことないな、、、、どんな味やろ??

 

 

開けてみると、濃いめの赤色。

f:id:canteenofvodka:20200810172850j:plain

さらさらのスープみたいなタイカレーとは、どうやら違うみたいやねんぞ。

 

一口頬張ってみますとね、

f:id:canteenofvodka:20200810173344j:plain

そこまで「酸味」って感じはないけど、トマトのせいなのかファーストタッチが爽やかなんです!

そしてトマトの面影を感じた後、甘くてまろやかなココナッツがせり出してくる、、、、、、うまい!

すごくバランスのとれた端正なココナッツカレーって感じ!

 

 

これまでワイは、ココナッツが使われたタイカレーをいくつか食べてきましたぞい。

f:id:canteenofvodka:20200416165742j:plainヤマモリ「グリーンカレー」のレビュー記事より。

甘くまろやかなココナッツの風味は、この「カリアヤム」と共通している。

でもね、大抵タイカレーってナンプラーとかハーブとかが使われていて、どこか土着的な味のイメージがあるんですよね!

f:id:canteenofvodka:20200810180355j:plain▲「タイ」で検索して出てきた画像。

特に、ナンプラー

ワイはしょっぱいの好きやからええんやけど、あの独特な風味とか嫌いな人もおるかもしれん。

 

 

一方で、この「カリアヤム」はタイカレーのようなクセがなくて、すごく整っている!

f:id:canteenofvodka:20200810181658j:plain▲「マレーシア」で検索して出てきた画像。

緻密に計算された世界。そんなところにクセなど見出す隙もないんじゃ。

 

さすが、多様な宗教や民族の人が共存するマレーシアっすね。

多くの人に受け入れられるユニバーサルな味なんですわ。

f:id:canteenofvodka:20200810182050j:plainイスラーム教徒が多いマレーシアで作られており、ハラルにも対応している

 

これ、ココナッツが嫌いじゃない方はぜひ試してほしいっすね!

ただ、4辛くらいのけっこう辛めのカレーなので、そこんところはご注意を。

 

LOHACOでも取り扱いがありますぞ。

▲「LOHACO(ロハコ)」についてはこちらをご覧ください。  

 

ちなみに、このカレーを作っている“Brahim’s”は、東南アジアの老舗食品メーカーとして世界で高い知名度を誇る会社なんだと*2

f:id:canteenofvodka:20200810192301j:plain

そんなメーカーが作ってる、レトルトカレーソース(好きな具材を入れて煮込めばカレーになるやつ)なるものが、楽天で取り扱われているのでそちらもよければ。


▲この「スパイシートマトソース」は、第1回「FOODEX美食女子グランプリ」で銀賞を獲得した商品らしいぞ。

 

 

▲同じく無印のマレーシアカレーシリーズ「ビーフルンダン」のレビュー記事はこちら。  

 

《参考》

 

当ブログで記事を書いた際、その旨ツイートするようにしています(努力目標)。

よろしければTwitterのフォローもお願いします。