エモエモ探検隊

慶應卒のニートが主に食品のレビューをしています

【7分煮込むだけの簡単調理!】永谷園「煮込みラーメン しょうゆ味」を初めて食べてみたぞい

f:id:canteenofvodka:20201217225410j:plain

まいど、慶應ニートでやらさせてもらってます、けむにまくおです。 

 

東京は一気に冷え込むようになりましたね。

もうこんな寒かったら鍋の季節でいいですよな!?

 

今回はこんなものを食べてみました。

それが永谷園の「煮込みラーメン しょうゆ味」!

これ子供の頃『ドラえもん』観てたときのCMで流れてて、存在自体は昔から知ってましたわ。

 

f:id:canteenofvodka:20201217230526j:plain

中には、2人前用の麺と鍋スープの素が2セットずつ入っています。

ちなみにこの麺がちょっと特殊みたいです。

f:id:canteenofvodka:20201218012124j:plain

どうやらじっくり乾燥させてる麺なので、煮込んでも伸びにくいらしいんですよ。

なるほど! 

たしかに『ドラえもん』を観てるのに、のびた麺のCM見たくないわな!(めっちゃ出木杉てるプロモーションやん!)

 

f:id:canteenofvodka:20201217231026j:plain

セットにはスープの素もついてるので、あとは野菜と肉を用意するだけで煮込みラーメンが2人前出来るんですよ!

 

f:id:canteenofvodka:20201217231322j:plain▲ちなみに材料の目安はこんな感じ。

 

作り方

作り方は、ただただ煮込んでいくだけですね。

f:id:canteenofvodka:20201217231705j:plain

沸騰したお湯(700ml)の中に肉、麺、野菜の順に投入して、

f:id:canteenofvodka:20201217231746j:plain

フタをしたまま4分煮込む。

 

f:id:canteenofvodka:20201217231900j:plain

それから鍋スープの素(「調味ソース」)を入れて、麺をほぐしながら3分ほど煮込めば終わり。

つまり、

f:id:canteenofvodka:20201217232340j:plain

10分もしないうちに煮込みラーメンが出来ちゃうんです!!

最近の鍋の素とか鍋用野菜セットとかかなり便利ですよね!

1番簡単な料理って、もはや鍋かもしれませんな!

f:id:canteenofvodka:20201218014829j:plain

マジ鍋すこですぅ!!(←静かにしてほしいわあ)

 

 

食べてみた

さて、早速いただいてみました!

f:id:canteenofvodka:20201217233425j:plain

麺はけっこう太めのもよう。

実際に食べてみますとね、、、

f:id:canteenofvodka:20201217233508j:plain

これがなんだかなつかしい食感!

てっきりワイはちゃんぽんの麺のようなものかと想像してましたわい。

しかし、思ったよりもやわらかめ。

それはまるで、むかし給食で出てきてたような「ソフト麺」のようなんですよ!

ソフト麺好きな方も多いと思うんすけど、ワイは九州男児のバリカタ派!

なのでやわらかい麺じゃいあん

ワイ的にはもっとコシが欲しかったかなあと。

 

 

ただ、鍋のスープはけっこう好みですな。

f:id:canteenofvodka:20201217235728j:plain

とんこつやオイスターソースなんかが使われているようです。

街の食堂で出てくる中華料理みたいな系統の味。

このスープによって野菜も麺も豚肉もモリモリ食べられちゃいます!

 

 

とは言いつつも、2人前を1人で食べるのはやっぱり少し量が多い!

一人暮らし向きではないもよう。

f:id:canteenofvodka:20201218213742j:plain▲これくらいのサイズの取り皿5ストローク分くらいの量がありました。

 

ちなみに、せわしなく食べてたわけではないんですけど、食べ始めから食べ終わるまでで20分くらい。

その最後の瞬間もふれ込み通り麺が伸びてる感じはなかったですぞ!

ま、そもそもが「ソフト麺」ですけどね!

 

 

かなり簡単にできるのがいいっすね!お鍋で煮込むだけですから!

ソフト麺」みたいな食感が好きな方はこの「煮込みラーメン」試してみては?

 

他にも「みそ味」と「コクうま鶏塩ちゃんこ風」があるみたいです。 

 

 

 

当ブログで記事を書いた際、その旨ツイートするようにしています(努力目標)。

よろしければTwitterのフォローもお願いします。