エモエモ探検隊

慶應卒のニートが主に食品のレビューをしています

【潔辛】さあてヤマモリ「Thai Curry プリック」を楽しむか……着火ファイヤぁああ(爆)

f:id:canteenofvodka:20200804184732j:plain

まいど、慶應ニートでやらさせてもらってます、けむにまくおです。 

 

今回はパッケージに「辛さ強烈!」の文字が踊るヤマモリのタイカレーを食べてみました。

いただいたのは、ヤマモリのレトルトカレーThai Curry プリック」です。

 

このカレー、160gしか入ってないんですね。

他のヤマモリのタイカレーは180gのものが多いのに*1

「ヤマモリさん!!この製造ライン手ェ抜いてるんじゃないですかねえ!!?」

 

 

「プリック」というのはタイ語唐辛子を、また「プリックタイ」胡椒を意味するとのこと。

f:id:canteenofvodka:20200422140758j:plain

このカレーにはその2つともが入っているようですね。

つまり、商品名の「Thai Curry プリック」ってことは、ダブルミーニング??

 

いや……

むしろ「プリック」のついたスパイスを2種類入れとけばいいんじゃねっていう安直な発想なんじゃないですかッ!?

やっぱり手抜きなんじゃない!? ヤマモリさぁあん!!!

f:id:canteenofvodka:20200422161820j:plain

もう。ずっちーなあ。

 

 

さて、中身を開けてみました!

f:id:canteenofvodka:20200422144213j:plain

スープ状のサラサラカレーにチキンこぶみかんの葉赤唐辛子が入っています*2

唐辛子ってこんなに血色良かったっけ??

見ただけでもう辛いやん。

 

では、いざ

 実食 

 

 

口に入れると、ナンプラーなのでしょうか、しょっぱさが強く感じられます

f:id:canteenofvodka:20200422151434j:plain

また、海老のペーストも入っているからでしょうか、少し魚介の風味を漂わせてくるんです。

エキゾチックな味がクセになりそう……

 

と、塩味とうまみの余韻に浸っていたのも刹那。

 

あっという間に大火事です。

 

 

f:id:canteenofvodka:20200520123945j:plain

唐辛子は舌を、胡椒はのどを攻めてくるんです!! 口中熱い!

額からだけではなく、鼻の周りや顔のサイドからも汗が噴き出してきます!!

水で流し込んでも、ヒリヒリ感は小一時間消えない。

これね、今まで食べたレトルトカレーの中で一番痛いですわ!

 

f:id:canteenofvodka:20200422145044j:plain▲チキンが山盛り入ったヤマモリタイカレー。

 

でも、私は塩味とうまみを大火事の中でも感じられて、けっこう好きだったかも。

辛いもの食べて発汗して、さっぱりするのもいいじゃない。

 

辛さに振り切った、もはや潔いカレーです。

部屋にこもりっきりで感覚が鈍化しているみなさん、このカレーで舌に物理刺激を加えてみてはいかが?

 

 

 

いや〜それにしても、めちゃくちゃ刺激的なカレーやったな。

あとスプーンひとすくいでも食べていたら舌が壊れてたかもしれへんな〜。

 

 

 

「あとスプーンひとすくいでも」?

 

 

 

f:id:canteenofvodka:20200422165934j:plain

もしかして、ヤマモリの「プリック」製造ラインは刺激が強すぎることを見越してあらかじめ内容量を少なくしていたのか!?

 

手抜きだと思ってたのが、実は彼らによる心配りだったってこと………?

 

 

 

 

f:id:canteenofvodka:20200422165034j:plain

ヤマモリの「プリック」製造ラインさん、参りました

 

《参考》

 

 

当ブログで記事を書いた際、その旨ツイートするようにしています(努力目標)。

よろしければTwitterのフォローもお願いします。

*1:ヤマモリの商品情報ページを参照。

*2:こぶみかんの葉と赤唐辛子は刺激が強いので、取り除くことが勧められています。