エモエモ探検隊

慶應卒のニートが主に食品のレビューをしています

今さらやけど、永谷園の「チャーハンの素」って卵とご飯だけで作れるんやな。

f:id:canteenofvodka:20200805184534j:plain

まいど、慶應ニートでやらさせてもらってます、けむにまくおです。

 

こないだ永谷園の「そうらーめん」を取り上げたときに昔の永谷園の動画を漁ってたんす。

そしたらなんだか懐かしいCMが流れてきたんすよ!

暑苦しそうな部屋の中、扇風機の前でただ無心にチャーハンを搔っ食らう男。

そう。永谷園の「チャーハンの素」のCMです。

たしか、ドラえもんを観ていた時間によくこのCM流れてた気がする、、、

 

 

 

いや、でもちょっと待てよと。

この商品の存在は昔の頃から知っていたけど、ワイこれ1度も食ったことないですやんけ!と。

「チャーハンの素」ってどういうことやねん!?

 

 

スーパーに行ってみますと、いまだに売っていましたぞい!

ということで買ってみました、永谷園の「五目チャーハンの素」!!

今回、こちらをいただいてみました。

 

これどんな商品かといいますと、ふりかけ状の調味料に細かいチャーハンの具が入ってるというやつなんですよ。

f:id:canteenofvodka:20200805170231j:plain▲1人前用の調味粉が3袋入り。

f:id:canteenofvodka:20200805170242j:plain▲五目チャーハンにはエビ鶏肉かまぼこなんかが入ってる。


具も調味料も入っているので、もうワイらが用意するのは、卵1個ごはん炒めるときの油だけっす!!

 

作り方も簡単なんです。

溶き卵を炒めたところに、ご飯を加えて1分炒める。

そしてさらに「チャーハンの素」をふりかけてから1分半炒めて、、、、終わり(!)

目安の調理時間はなんと3分とのことなんです。


▲こちらの動画で手順を解説しています。

 

ワイが実際手順通りに作ってみますとね、、、

f:id:canteenofvodka:20200805171642j:plain

なんかめちゃくちゃ、ぽくないっすか!?!?

卵を溶くところから始めたので、炒め終わるまでに5分23秒かかったんですが、それでも相当手早く作れたな!!

 

そいで、食べてみますとね、

f:id:canteenofvodka:20200805172600j:plain

これはもうね、、、売りに出せるわwww

メルカリに出品しようかという思いがね、一瞬頭をよぎったくらいや!

しょっぱいだけの味じゃなくて、少し甘めのやさしい感じ、、、昭和から営業してる食堂で出てきそうな味なんですよ、、、 

 

ていうか、地元のラーメン屋で評判のチャーハンに酷似していて、わりとマジでチビリかけたぞ。(すまん。ローカルすぎる思い出や)

 

f:id:canteenofvodka:20200805174818j:plain

液体の調味料を使わないからか、手作りよりも米がパラっとしてる気がするし。

ちゃんと火を入れて調理するからか、冷凍のチャーハンみたいなベチョっと感もなかったですぞ!!

 

簡単おいしい

今後ワイのチャーハンライフは、これ一択でええかもしれへん!

オススメ!

 

 

「一択」って言ってしまったけど、実はな「チャーハンの素」シリーズはいくつか種類があるみたいや!!(正直すまんかった)

▲テッパンの焼豚チャーハン。

▲それにかに味チャーハン。

▲あらびき黒胡椒ガーリックチャーハンなんてのも。

 

他の味もあるみたいやから、あとはAmazonとか見てくれよな。

Amazonでの「チャーハンの素」の商品一覧のページはこちら

 

当ブログで記事を書いた際、その旨ツイートするようにしています(努力目標)。

よろしければTwitterのフォローもお願いします。