エモエモ探検隊

エモエモ探検隊

慶應卒のニートが主に食品のレビューをしています

【貴重な豚を贅沢に使用?】オキハム「沖縄あぐー豚カレー」を喰ってみたゾ

f:id:canteenofvodka:20200527141912j:plain

まいど、慶應ニートでやらさせてもらってます、けむにまくおです。 

自粛期間中の運動不足と過食により肥大化してしまったワイです(普段からそんなに運動も食事制限もしてないだろ)。

 

そんなワイは今回、沖縄の「あぐー豚」を使用したレトルトカレーを食べてみましたよ!!

共喰い乙ですよ!

f:id:canteenofvodka:20200527152647j:plain

いただいたのは、オキハム(沖縄ハム)の「沖縄あぐー豚カレー」です。

先日沖縄物産展で買ってきました!

 

 

「あぐー豚」とは沖縄固有の貴重な豚なんですって。

その肉質は、霜降り肉で甘みと旨みがあるんだそうです*1

 

 この「沖縄あぐー豚カレー」には「あぐー豚」が贅沢に使われているとのこと。

f:id:canteenofvodka:20200527142004j:plain

どんなうまみが僕らを待ち構えているのか。

 

 

可愛らしい商品名とはうらはらに、出てきたのは濃いめの本格派カレー。

f:id:canteenofvodka:20200527142406j:plain

f:id:canteenofvodka:20200527143938j:plain

入っているのは、角煮サイズの大きめ豚肉が2切れ……

 

 

 
2切れ!!?

 

 

 

f:id:canteenofvodka:20200527144736j:plain

 

 

 

食べてみると、フルーティだけどもヒリヒリする辛さ!(ワイ主観で4辛)

よくある甘辛系のカレーなんですが、どことなくラード(?)のコクがある気がする…

f:id:canteenofvodka:20200527144917j:plain

そして脂身たっぷりの「あぐー豚」

さすがのブランド豚ですね。脂身にしっかり甘みが感じられます。

 

しかし、その甘いひとときもほんの束の間だったのです。

f:id:canteenofvodka:20200527150349j:plain

もう1切れがめっちゃマッチョ豚だったんですよ!!

脂身のない硬めの肉で、コンビーフみたいな赤身感!

沖縄の海に放したら、こいつだけ溺れちゃうやつですやん!

 

 

どうしてこんな引き締まった「あぐー豚」が入っていたんだろう…

f:id:canteenofvodka:20200527160259j:plain

 

考えあぐーねた結果、

「肥大化しつつあるワイへの当てつけか!!」

そういう答えに至りました。(なら仕方ないよね)

 

 

もっと「あぐー豚」の脂身を、ワイはうんと楽しみたかった(使い古されたデブ脳オチ)。

▲パッケージ画像が古いためか、商品名が「沖縄あぐー豚カレー」ではなく「沖縄あぐーカレー」になってます。 

 

▲沖縄物産展で一緒に買った「軟骨そーき」もレビューしてますぞ!

 

 

それにしても、この沖縄ハム(オキハム)という会社、レトルトはじめいろんな食品を作ってるみたいですわ!

▲ゴーヤーカレー。。。。。

 

他にも珍品がザクザク出てきそう。

(沖縄ハムの商品一覧をAmazonで見る楽天市場で見るYahoo!ショッピングで見る

 

 

《参考》

 

当ブログで記事を書いた際、その旨ツイートするようにしています(努力目標)。

よろしければTwitterのフォローもお願いします。