エモエモ探検隊

慶應卒のニートが主に食品のレビューをしていまーす

【フィンランド発のベジミートやて】ひかり味噌の「オーツミートと野菜のスープ カレー」で新たなる肉を体験

f:id:canteenofvodka:20201126171111j:plain

まいど、慶應ニートでやらさせてもらってます、けむにまくおです。 

 

いま手もとにある電子辞書で「肉」という言葉を調べてみるとこんな風に書いてあります。

食用にする動物の筋肉や脂肪の部分。特に、鳥獣のそれをいう。(デジタル大辞泉

でもでも、最近「ベジミート」とか「代替肉」とか植物性の「肉」をよく見かけるようになりましたよね??

大豆由来なのに肉に似ているということだと思うんですが、今後これらが一般的になれば「肉」の概念自体変わってくるんじゃないっすかね!?

f:id:canteenofvodka:20201126173459j:plain

辞書編集者とか頭抱えてそ〜(小並感)。

 

 

今回ワイはこんなものを見つけました。

 それがひかり味噌の「オーツミートと野菜のスープ カレー」!!

 こちらまた新手の植物性たんぱく質である「オーツミート」が入ったスープなんです。

f:id:canteenofvodka:20201126172653j:plain

オーツミートとは、オートミールの原料であるえん麦えんどう豆そら豆を加えて作ったものらしいっす。

f:id:canteenofvodka:20201126173142j:plain

穀物由来なので食物繊維は2.4g入っているし、たんぱく質は6.7g含まれているのにたったの74kcal(スープ全体で)!

けっこう優秀なものなんですよ。

ちなみに、フィンランド生まれなんですって。

イケア原宿でもベジミート推してたし、北欧では流行ってるんすかね??

 

 

ただ、お湯をかける前のオーツミートは以前料理に使った大豆ミートと見た目は同じ感じなんです。

f:id:canteenofvodka:20201126173749j:plain

結局同じなんじゃね!?って。

 

 

しかし、お湯をかけて待つこと2分。

f:id:canteenofvodka:20201126174535j:plain

f:id:canteenofvodka:20201126174603j:plain

 

早速オーツミートを食べてみると、、、

f:id:canteenofvodka:20201126174617j:plain

これ、また辞書編集者の頭抱えさすやつやんけwww

予想外なことにお湯を吸ったオーツミートはほわっと崩れていく質感なんです!

やわらかくなったカップヌードルの「謎肉」に似ているんすけど、それよりももっと溶けてく感じ。お()みたいな?

そして味は大豆肉みたいだけれども、えんどう豆の後味が残る。

お菓子の「さやえんどう」食べたときの口なんですよ!! 新しい。

 

肉っぽくはないけれどこのえんどう豆の後味がある分、大豆肉よりワイは好きかも!!

f:id:canteenofvodka:20201126180236j:plain

ま、肉っぽくない言うてますけど50年後とかにはこれが「肉」なのかもしれまへんで(ドヤさ)。

 

 

 

 

 

ちなみに、オーツミートに目が行きがちなんですけど、スープとしてもかなりよさげでした。

f:id:canteenofvodka:20201126181002j:plain

なすトマトかぼちゃチンゲンサイ野菜がけっこう多めに入っているんです。

お湯を吸ったオーツミートは3〜4倍くらいに膨れるのでそれなりに食べ応えもあるのです。

そして、カレーうどんみたいなちょっと和風チックなスープがしみるんすわぁ……

 

 

 

いつものおにぎりだけの昼食だと栄養偏ってしまいますよね??

たんぱく質も食物繊維も入っているのでこれをプラスするといいと思いまぁす!!

▲「Amazonパントリー」なら1個単位で注文できますぞ(Amazonパントリーの解説記事はこちら) 。

 

ちなみに楽天市場内の「ひかり味噌」のショップ内ではトマトスープとコンソメスープもありましたよー。

 

ちなみに「イケア原宿」にはベジミートを出すカフェテリアや植物由来のカップ麺なんかが売ってましたぞ。

▲「イケア原宿」の様子をレビューしてます。

 

 

当ブログで記事を書いた際、その旨ツイートするようにしています(努力目標)。

よろしければTwitterのフォローもお願いします。