【文章を勝手に妄想解釈】又吉直樹のYouTubeの「インスタントフィクション」シリーズおもしろいから観てみてみて

f:id:canteenofvodka:20201025054746j:plain

まいど、慶應ニートでやらさせてもらってます、けむにまくおです。 

 

昔からTVドラマや映画などのフィクションに触れるのが好きで、大学に入ってからは小説や文学なども手に取るようになりました。

でもそれまでほとんど本を読む習慣がなかったワイ、ストーリーを追うだけのうわべしか読み取ることのできない読み方だったんですよね……

 

f:id:canteenofvodka:20201025050711j:plain

大学でフランス文学の講義を受けたことがありました。

その授業ではモーパッサンなどの小説を教授が解説していくというもの。

扱う小説を事前に自分で読んできて授業に臨むわけなんですけど、教授の手にかかると自分の読んだ物語とはまるで違うように思えてくるのです!

読みの浅いワイでは読み飛ばしてしまうような些細な描写や語感などをその教授は見逃さない。

ストーリーを追うだけでは現れなかった意味が瞬く間に立ち上がってくるんですよ!

そのプロセスはまるで推理小説を読んでいるかのよう。

f:id:canteenofvodka:20201025033628j:plain

こんな深い文章やったんかあああ!と。

 

 

 

それに似た面白さを感じられる動画をYouTubeで見つけました。

それがピース又吉直樹【渦】公式チャンネルの「インスタントフィクション」シリーズ!

これは小説『火花』で有名な又吉氏が毎回「インスタントフィクション」という短い文章を解釈し解説していくという動画なんです。

このインスタントフィクションとは原稿用紙1枚くらいの文量の自由な発想と気軽なノリで書かれた文章のこと

1つだけルールがあって文章の中に作者の思う「面白い」要素を入れなければならないのだと。

 

ワイなんかだとその作者の意図した「面白さ」に引きずられてしまうんですよね。

でも又吉氏は文章中での引っかかりや違和感から読み取れることを洗い出していき、もはや作者が意図していないであろう地点まで解釈を広げていく!

それはもはや妄想探偵。

文章ってこんな自由に解釈できるんやな!って。面白い。


▲突然ワイのYouTubeにリコメンドされてきた動画。

 

その妄想ぶりの面白さがあるんですけどそれだけじゃない。

別の動画では、ちょっと不自然な呼び表し方をすることの意味を読み取ったり、独白調の独りよがりな文体から語り手のもの悲しい状況を想像したり、テーマのわりに妙に軽快さをもつ文章に不気味さを覚えたり……

そういうプロセスを見ていますと、あ、文章ってそうやって読めばいいのかもな!と。

ずっと本を読んできた人がどういう風に呼んでいるのかが垣間見えるやん!!

文章への取り組み方の参考(?)にもなるコンテンツやん!!

小説や文学読みたくなってきちゃうやつやん!!


▲これまでに上がっている中で1番ワイが面白いと思ったやつ。

 

 

今年の秋は例年よりも家にいる人が多いのではないでしょうか。

この動画をきっかけに文章を読む楽しみにふれてみてはいかがっすかね??


▲「インスタントフィクション」シリーズのプレイリストはこちら。

 

 

 

ちなみに、読解熱が高じて阿部公彦『小説的思考のススメ』という本をワイはいま読んでいるんです。

小説の読み方のコツを解説している本なんすけど、これも面白い。

句読点の打ち方や、地の文と会話分の口調の違いなどへの注目を通してその効果や意図を読み取っていくのです。

興味ある方はこちらもどうぞ。

 

 

当ブログで記事を書いた際、その旨ツイートするようにしています(努力目標)。

よろしければTwitterのフォローもお願いします。